top of page

3.再生工事としての古民家について



そのまま住める古民家であればよいのですが、多くの場合住めるようにするために相当な修復工事が必要となります。その金額によりけりですが、建て替えたほうが良いのではないかと思ってしまいます。

購入した古民家への愛着と理解を深めるためには、出来るなら専門の設計士と施工業者と共に再生するのが望ましいです。しかしいつもそう出来るわけではありません。その場合は施工業者の経験と判断に任せることになります。

幸い長野県は古民家を手掛けられる施工業者は健在です。一般的なリフォーム工事でも古民家らしさを見せることは出来ます。古民家は開けてみると今の家とは勝手が違うので最後までやりきれるかどうかが問われます。システムキッチン、ユニットバス、アルミサッシなどを使わないでも今風の家の機能を充実させた見事な再生例もあります。古民家再生は一口では言い表せない奥深さがあります。




Commentaires


bottom of page