top of page

Q.いずれ売却するつもりですが、空き家にしておくのは心配なので、一時貸家を検討したいと思っています。何か良い方法はないでしょうか。


A. 定期借家権による貸家経営があります。


空き家がそのまま住めるのであれば、貸家はお勧めです。移住相談者の9割はまず貸家で始めたいと願っています。しかし、賃貸の空き家はほとんどないのが実情です。

もし空き家が貸家として市場化されていけば、地域は一気に活性化するでしょう。貸家にする前に、家屋の中にある残家財の整理や仏壇の整理などをはじめ、やるべきことが色々あり、オーナーの負担は決して少なくないですが、すこし期間を置けば家賃収入で補填されます。長い目で見れば決して損にはならないでしょう。

ご質問のように期間を限定して貸家にしたい場合は、定期借家権による貸家経営があります。定期借家権による契約は、居住期間を貸主と借家人双方で自由に決められ、更新する必要がありません。詳しくは弊社にお問い合わせください。また、弊社が独自に作成した冊子「空き家の利活用でお困りのオーナーさまへ」をどうぞご参照ください。


空き家利活用でお困りのオーナーさまへ(空き家活用パンフレット)

※下記をクリックするとPDFファイルがダウンロードされます。

空き家活用パンフレット
.pdf
Download PDF • 5.69MB

Comentarios


bottom of page