top of page

2.古材としての古民家について



現代でも家は多くの場合素材は木です。木は自然の中で長い年月を育てられてきました。木は素材となっても自然との一体感を失いません。言わば私たちは木の家屋を通じて自然と一体感を持った暮らしを当たり前のように享受してきました。

古民家は解体が進み残った木は古材として希少価値があり流通されています。古材はくすんでいますが鉋で一削りするとどうでしょう、そこには真新しい木肌が表れて本当に感動します。

古民家は何百年経てきても、またこれから何百年経とうととも自然との一体感と真新しい木の輝きを失いません。家の骨組みとしての役割を失って眠っている古材を見るにつけ日本の居住文化が骨抜きになっていく寂しさが募ります。




Commenti


bottom of page